先輩社員紹介

Introduction
of senior employees
Sales

営業部

Name 山口 和哉  / 
営業部 2020年入社

お客様にとっての友人のような
信頼できる営業マンになりたい。

就職活動中、車や不動産などのように人生で数回しか機会がない、高い買い物をする人をサポートする仕事に就きたいと考えていました。紀州国土建設のつくる家は、構造材として優秀な無垢材を使っていることや、フローリング材が快適であることに加えて、SG工法という強みがあり、とても魅力的に感じて「この家を売りたい」と思ったのが入社のきっかけです。

今は、展示場での接客の他に、住宅関連の知識をつけるための勉強をしたり、ロープレを行ったりしています。お客様が建てたい家と、そこで暮らすイメージを聞き取ること、紀州国土建設の家の特長を説明することを中心に、日々学ばせていただいています。

先輩方は、自分の得意や知識を武器にそれぞれスタイルを確立していて、説得力があるところがすごい。商談中のお客様も、話をしていてとても楽しそうなんです。紹介をたくさんいただいている先輩もいて……紹介されるということは、信頼されているということだと思うので、自分も紹介をいただける人になりたい。お客様にとって「友人のように気さくに話せる、信頼できる人」になれるよう、先輩方の良いところを吸収して、一日でも早く主戦力として活躍できることを目指しています。

Sales Planning

管理部 営業企画課

Name 東山 晴香  / 
管理部 営業企画課 2019年入社

自分ができること
得意なことを見つけていきたい。

就職活動を始めたころ、自分がどんな仕事に就きたいのか決まっていたわけではありませんでした。合同企業説明会等で様々な業界の会社の説明を聞いているうちに、多くの人にとって一生に一度の一番大きな買い物であり、長くお客様と関わっていく住宅業界の仕事に興味が湧きました。たくさんのハウスメーカーや工務店のお話を聞きましたが、紀州国土建設は“木にとてもこだわりを持った家づくりをしている会社”だという印象が強く、「わたしも将来こんな家に住みたい」と思ったのが、志望したきっかけでした。

私は営業企画課に所属しており、広報・イベント運営・ショールームの受付などを担当しています。近年はSNSが主流なので、WEBでの広報がメインになっています。広報のための制作は苦手な部分もたくさんありますが困ったときは上司や先輩が助言をくださいます。自分の作ったものが形になり、それを見てお客様が来てくれた時にはとても嬉しく、それがやりがいに繋がっていると日々感じています。

WEB広報の仕組みは、紙面での広報とは違う難しさがあります。まだまだ理解しきれていないのでもっと勉強し、より効果的な方法で集客につなげることができるように試行錯誤していきたいです。

Design

設計部

Name 堀端 誠哉  / 
設計部 2020年入社

お客様から選ばれる
設計士になりたい。

大学では、小学校などの公共施設の設計などを中心に学んでいましたが、一般的な住宅の設計をしたくて注文住宅業界を志望していました。ずっと分譲マンションに住んでいたので一戸建てに憧れていて、小学生のころ住宅会社のチラシに載っている間取りを見ては「実際にこの家に入ったらどんな風に見えるのだろう」と想像するとワクワクしたんです。お客様の要望に応えて図面を描く注文住宅なら、同じ家ができることはなく、設計に限界がありません。紀州国土建設の設計は自由度があり、細部まで変更が利くので、お客様にとって完成した家に対する思い入れや満足度が高いと思い、入社を決意しました。

設計をしているうちに、いつか自分の中でこだわりが生まれるかもしれません。でもそこで自分を出してしまうよりは、お客様のご要望を軸に家づくりがしたいです。お客様がしたいことを言えなくなってしまっては、本当に望まれている暮らしを提供できないので…。

お客様から「この人に設計してもらいたい」と選んでいただける設計士になるために、一級建築士の資格を目指して、今よりももっと知識をつけていきたいです。

Engineering

工務部

Name 竹中 拓馬  / 
工務部 2020年入社

たのしみながら
仕事をしていきたい。

高校3年生のとき、進路に悩んでいたところに担任の先生が薦めてくださったのが、紀州国土建設でした。先生の教え子の方がいらっしゃるとは聞いていましたが、実際に入社して、ほかにも長く勤められている同校出身者が多いことを知り、安心感が高まりました。初めて同期と顔を合わせたときは、大学を卒業した年上の方々ということもあり、緊張していたのを覚えています。でも、研修時から毎日いっしょにショールームやモデルハウスの準備をしているうちにコミュニケーションをとることで仲良くなれたので、今では自分が安心して働けている理由の一つになりました。

まだ現場監督としての仕事を学んでいる最中で、本格的な現場監督の仕事をしているわけではないのですが、監督業務の勉強として監査立ち会いの現場に同行したり、業者とのスケジュールの調整などを行ったりしています。デスクワークよりも体を動かすことが好きなので、たまに業者の方を手伝って作業をするときはひそかに楽しんでいたり…(笑) 自分に何ができるのか、まだわからないことはたくさんありますが、たいへんな仕事でも楽しんで取り組んでいきたいと思います。

Reform

工務部

Name 喜谷村 徳治  / 
工務部 2017年入社

向上心をもって
仕事に取り組んでいきたい。

高校は建築科を卒業したこともあり、家づくりには興味がありました。また、祖父が製材の仕事をしていたことも紀州国土建設に決めた理由のひとつです。主な仕事は、現場監督。難しいと感じるときもありますが、上司や先輩などに助けられながら、日々勉強させていただいています。早いうちから、責任のある業務を任されるので、とてもやりがいがある仕事です。学生時代の友人からは、「しっかりしてきたな」と言われることも…。

現場では、イレギュラーなことが多いです。そこでいかに、的確な判断ができるかが求められます。紀州国土建設の先輩方は、ときにやさしく、ときに厳しく指導してくれます。困ったこと、分からないことを質問しやすい環境を作ってくれているので、とても働きやすいです。
今後は、紀州国土建設の名を広めるために、自分にできることを考えていきたいです。「忙しいのは、自分を変えるチャンス」だと信じて、これからも常に向上心を持って頑張りたいです。

国土建設株式会社

和歌山・南大阪の注文住宅・リフォーム

お電話でのご相談はこちらから

073-426-5669
受付時間:10:00〜17:00